トップイメージ
よくある初心者用の外為のテキストでは、「損失が生じたケースではナンピンで、ポジションの価格を小さくする事が出来る」と助言されていたりする事もありますが、実際はナンピン買いには相当大きな隠れたリスクがあると考えます。まず最初に、ナンピン買いの方法に関して分かりやすく記述しておきます。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いだから、円安に動くほど黒字が大きくなりますが、運悪く1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。この状況で持ち続けたとしたら、利益がでるためにはドル安になった分、円安に向わなければなりません。皆さん、損は出来るだけ早く0にしたいと願うでしょう。この状況を変えるため最初に注文したのと同じ額のドルを1ドル95円で買い増します。すると、ポジション全体の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。その結果、半分の幅でドル高に進めば損を失くすことが出来ます。それが、ナンピンの理屈です。このように、ナンピン買いの手法を耳にすると「確かに」と考えるが市場は易々と問屋を卸しません。初めから、1ドル95円が底だということなどなんびともわからないのである。仮定として、マーケットがかなりの円高動向だとすれば1ドル=95円では収まらずより一層円高ドル安になる危険性があります。一例として、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高に向ったらナンピンした分にも、損失が生じます。こういう状態では初めに持ったポジションと同時に、より大きな為替差損を被ることになる。この例のように、ナンピンは難解です。それなら、外国為替市場が自分のストーリー展開とは反対の方向にどんどん進む場合、どのような手段で危険性を軽減すればいいのでしょうか。こういう場合には選べる対策は2つしかありません。最初のひとつは執着しないで、損切りをする事です。もうひとりは現在、自分自身が持っているポジションを縮小することによって、もう一回市場がリカバリするのを黙って待ち望む事だけです。相当受動的な手段だと考える投資家もいると思います。だがしかし、持っているポジションに差損が生じた時一番有効な方法はこの他にはありません。なるほど、考え方としては、ナンピン買いする方法もあるように思えます。けれどもナンピン買いは、マイナスになっている状態にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、逆にポジションを積み増していく手法です。この考え方では、危険性を削減することなどとても不可能だと考えるべきです。ナンピンをしていけばいずれは勝てるかもしれません。だけど、そうなる先に投資資金はショートしてしまうだろう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.