トップイメージ
外国為替証拠金取引の面白さは単一の商品であるはずがお金を掛ける期間を短い・普通・長いのいずれをチョイスするのかということによって、投資の方法が大きく違う部分にあると言われます。まずは外貨への投資の「長期」について考えよう。長期のスタンスとは一年以上の出資を基本としているものです。一般的に為替の相場で、一年以上も先のレートは円高だろうか、もしくは円安かどうかを予測するのは、多くは難問だと思います。実際は、「それほど後の動きはわからない」と考えるのが当然のことだからです。わからないのになんとか予測しようとしたところで、それは意味のないものなのです。そういう訳で他の貨幣を買ったと仮定して、そのタイミングでの価値よりも円高になったとしてもその損失分はしばらく経てば円安に戻るはずだという軽いイメージで売り買いに挑むのがベストです。利益を目指すだけでなく、他の差益、言うなればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐということを、まず初めのねらいとしてお金を預けましょう。当然のことながら、短期的に為替変動によるマイナスがたくさんなってしまうこともあります。そういう訳で、こんなマイナスでも耐えられるようにレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに取引することがポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は、損失がある範囲よりも増えると、追い証(追加保証金)が発生したり、それとも損切りになってしまったりします。損切りになったら、そこでやり取りを終了せざるを得なくなり長期取引は難しくなります。この例のような危険を回避するには、レバレッジ2?3倍にして売買するのがベストです。2番目に中期スタンスの取引を見てみましょう。中期の場合、一番長くて1?2ヶ月位先を見越してのやり取りであります。為替のトレードの場合は、およそ1ヶ月先のことはだいたいの場合予測できるでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際的な会議とか為替のトレードで売買している人たちがどのようなポイントに関心があるかを考えればある程度、先読みできるはずです。こういった経済の状態を見る一方でグラフを参考にすることによって、為替の相場の動向を理解できるようになり取引を見定めるのがいいでしょう。基本的にファンダメンタルズとテクニックの両方とも光りあるいはどちらも買い傾向が同様であれば、ほとんどの場合そのまま行くと思って大丈夫です。そうした時は保有高を増やせば多くのリターンを得られるに違いありません。第三に短期のスタンスの要点です。ここでいう短期トレードが指しているのはつまりはデイトレードを示しています。為替市場でデイトレードをする場合はファンダメンタルズは全然関わりがないと断言します。なぜなら翌日の為替のレートの動向に、ファンダメンタルズは影響しないからです。この場合の、狙いどころは大きなイベントがあり、それに影響して為替レートが著しく変化する機会を逃さないようやり取りすることです。例を挙げるとアメリカ合衆国にて雇用者の統計が発表される、それとも金融政策決定会合などで制作金利が変化するような行事。こうした一瞬の変わり目を見過ごしてはいけないといったことから、短期のトレードでは技術的な要素が求められる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.