トップイメージ
「スプレッド」とは外為取引は外貨をトレードして儲けを生む取引です。売買の値段は常時上下しています。それが為替相場です。ニュースサイトを見ていると通貨の為替の話題が流れる場面があります。よく見るのが「ドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。別の言い方をすると、取引には、買いと売りの2つの価格が存在している事を表しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX会社も存在しています。平常時には売値が買値よりも安く決定されています。実際に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。この差分をスプレッドといい、取引会社の稼ぎの1つになっています。スプレッドはFX取引会社によって変化します。スプレッド幅は利用者にとって費用になるので小さい取引業者をピックアップするほうが儲けられます。ただ、同じ業者でも状況によってスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。もし普段は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの広さだったとしても、レートの変動がとても激しい状態では1銭よりも広くなります。という訳で、スプレッドが狭いのと同じくらい、変化しないのが大切です。最近では変化しないスプレッド幅を表示するFX会社もいくつもあります。現実にFX会社の売買画面の中で現実の為替レートをチェックしなければ区別できないので面倒くさいですが肝心な事です。重要な財産を投資して売り買いするわけですから、実際のエントリーの前に興味があるFX会社の新規口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。同じ通貨でも、そのタイミングのマーケットの変動率によって、通貨のスプレッドの差は変わります。一般的には、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が狭く、その他の外貨ではスプレッド幅が広くなる事がよくあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.