トップイメージ
現実にPCの前に座り絶えず上下動している相場をご覧になっていると何となく売買をせずにはいられなくなるという思いに追い立てられる方も少なくありません。でも、あやふやな思いでトレードするのは、決してしてはいけません。ご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず、どういう時でもどこかの国の為替相場は動いているしレートも常時上がったり下がったりします。しかし、トレードをすると、それだけで損失が生じる危険が増します。当たり前ですが、エントリーの数を積む事で、だんだんと勝ち負けの確率か50%、50%になるのは事実です。でもその事実は「ぼんやりとした思いつきでエントリー」してしまうこととは別の問題です。エントリー回数を重ねるという意味は「ここはいける」と感じた感覚を持った場合の取引回数を重ねるという意味である。ただ何となく、絶え間なくトレードを積むのとは全く違います。外国為替市場の駆け引きに臨むには己で思案してけじめをつけることこそが必要です。「ここは!」と感じたマーケットの時には迷わずポジションを増やして集中して利益を追求する。「何となく頭をかかえる外国為替市場でどう上げ下げするのか理解できないな」と思案した時は潔く諦めてポジションをひとつ残さず閉じて何もせず静観します。このぐらいのリズムをつけた方が最後に売り買いはうまくいきます。相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。本当に言葉どおりです。外国為替相場とは、いつでも売買ポジションを所有する事が肝心な事ではなく売買ポジションを保有せず静観していることも相場です。それならば、どのタイミングで休みどきなのでしょうか。最初に考えられるのが、前述の通り、これから先の市場が具体的に難しいときです。今からどうなるのか決断できない時は考え無しで行動すると、あなたの作り上げた筋書きとは異なった方向に市場が変動してしまい、損する事になってしまいます。だから、そのようなケースではポジションを減らして何もしないで見ているだけが良い方法です。2番目に、あなたのコンディションが思わしくない時です。健康状態と為替相場につながりがない感じる方もいるでしょうが実際には意外と関係があります。体の状態がすぐれなければ、外国為替相場のミスできない場面で、正確な判断が難しくなります。気乗りがしない時は、相場から離れる事も必要な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.