トップイメージ

普通のはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の雑誌では「差損が生じた時はナンピン買いしてポジションの平均を買い付けコストを抑える」等と書かれている事もありますが、現実にはナンピンには相当のリスクがあると考えます。ライザップ 八王子店

ナンピンのやり方に関して分かりやすく記述します。ライザップ 上野店

一例として100円で1ドルを買ったとします。http://便秘.net/

ドル買いのため、円安に推移するほど利益が出るわけですが、運悪く95円まで円高・ドル安が進んでしまった。YYC サクラ

そのままの場合ポジションを持ち続けたらプラスになるためには、円高になった分、ドル高が進まなければならない。HEYZO(ヘイゾー)の安全性

投資家であれば、損失は早急に回復したいと考えます。車売る

この状況を変えるため最初に注文したのと同額の$を、1ドルを95円でエントリーします。スキンケア

それで、ポジション全体の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。手湿疹

要するに、2円50銭の幅でドル高が進めば、赤字を回復できる。ラバ 狭山市

それが、ナンピンの理論です。今は怖くてクレジットカードすらも持ちません

こういうふうに、ナンピンの仕組みを耳にすると、「もっともだ」という気分になるが、為替相場は易々と思い通りにはいきません。

だいたい、1ドル=95円が下値だということなど誰一人として分かるわけがありません。

仮に、外国為替市場がかなりの円高ドル安地合だとすると、1ドル95円では下げ止まらずにより円高ドル安になるリスクはあります。

97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円まで円高ドル安に進んだらナンピン買いをしたポジションも、赤字が生じます。

その状態では、初めに買ったドルと全部で更なる損失を被ることになります。

この例のように、ナンピンは難解です。

ならば、為替相場が自分の脚本とは別の方向に素早く向う場合どういう対応で危機を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では取るべき選択肢は2つあります。

まずはじめは潔くあきらめて損を確定する事です。

もうひとつはその時点で、自分が保持しているポジションを縮小することで再び外国為替市場が元のようになるのを動かないで待機する事だけです。

ちょっと主体性のない術だと感じる方もいると思います。

しかし、自分が所有しているポジションにマイナスが出た場合一番リスクが低い対策はこの他にはあるはずがありません。

無論、机上では、ナンピンするという対策もあると思います。

だけどナンピンは自身がマイナスになっている場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころかそれとは逆に買いポジションを積み重ねていく手法です。

それでは、危険性をコントロールすることなどとても不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ければ最終的には勝てるかもしれない。

だが、その前に投資資金が無くなってしまいます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.