トップイメージ

受領した明細レシート保存義務はあるか?解答についてお伝えすると保管する義務は特にないというのが答えです。

個人によっては所持していることによって自身が利用した証拠をとっておきたいと考える際であれば残しておけばよいのだし、もしそのような履歴は無くてもよいということであれば残す必要性はない。

しかし定期的に送られる使用履歴との確認作業の際においては間違えなく上述の明細レシートが不可欠。

そこまで少なくともキープしていないと何月何日どれだけ決済したかについて確かでなくなるだけでなく、間違えの他ダブった請求についての照らし合わせすらできなくなってしまうので危険なのです。

使った内容については利用レシートを保管していない限りは覚えていないはずです。

せめて利用明細書が送付されてくる1ヶ月もしくは2ヶ月前後はなくさずに明細レシートを所持するようにしたほうがよい。

クレジットの明細レシート廃棄の方法→カードの明細レシート破棄方法は非常に単純です。

見ず知らずの人に不正使用されないよう、できるだけ小さく切って捨てるだけで大丈夫である。

市販の裁断機が使える場合には用心のために使うほうが良いでしょう。

クレカの使用を記載する明細レシートのため、カード番号等個人の情報について知られてしまうことが入っているのです。

普通の明細レシートとは考えず処分は注意を払って行うべきです。

尚、今は安全対策のためにレシートにカードNo等の個人情報が表示されていない利用レシートも出ているようだが信じ過ぎることは禁物です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.blogdeanatorrejon.com All Rights Reserved.